部屋の整理中。思い出の品が私に立ちはだかる

巷では断舎利というのでしょうが、
今、私は、部屋の整理中なのですが、
思い出の品が次から次へと出てきて、
整理に行き詰まっています。
漫画一つにしても、手に取ってページをめくりだしたらもうダメですね。
ついつい読み耽ってしまいます。
すると、それまでは頭の中の記憶の断片だった物が
次々に連鎖で浮かんでしまい、
おまけに当時は気づかなかった些細なことまで思いが及んでしまうのです。
ほんの数分のはずが、気がつけば数時間が経過しているなんてこともザラです。
その都度反省して、
手にしている漫画を「棄てる物」に区分するですが、
それさえもいつしか「残す物」に戻してしまう自分の決断力の無さに
呆れてしまいます。
私も本当に懲りない人間ですね。
だから私のこの部屋の整理もいつ終わるか分からないのです。
この部屋が終わったら、次は台所です。
台所もたくさんの物がありますが、
私の部屋よりもいいかもしれません。
というのも、お皿やコップ等を捨てるだけだからです。
それらは思い出に浸るような物ではないからです。ベルタ葉酸サプリ 購入