夜景を眺めながら、わたくしって対話する年の暮れの深夜

——品川のオフィス街は普段よりも自分が薄く、なかなか新鮮な眺めだった。
ちょこちょこぽつりぽつりという目に入り込んでくるのは、というぼとぼと歩いている今一つアルバイターか、或いは行き場のないホームレス風の男たちだけです。
身はすでに、それらの眺めを目の当たりにしたところで何の感覚も抱かなくなっていた。
今年も、元来自らここまで遠出してきてしまった。
身は街の隅っこにおける巨大なモールのエレベーターにのぼり、上層床へと上って出向く。
駅前の商い宿屋に比べると、そのわが家はわりかし陳腐な賜物だったが、かと言ってそこまで古臭い風情でもなく、下界を見渡すには満足スポットだった。
そうして、そこから見下ろすことのできる夜景は全額「自分」にて形作られている。
異例など存在し得ない。あんな、私の目の前に思え込んで現れる夜景は非現実的なまでに実存的眺めだった。
肌身をもちまして、それを実感した状況身は、とあるひとつのレスを導き出した。
もしまた、この先の人生で、進路を踏み外して独りで歩んでゆく好運になろうとも、生きている以上、こういう命の艶だけはなくすまいという——。http://www.luxgen-motor.co/